「平山郁夫展」と「三瀬夏之介展」

 2009.2.10 ここ2,3日風が強く寒かったので出そびれていたが、今日は日中温かかったので「平山郁夫展」と「三瀬夏之介展」に出掛けた。
 平山画伯のテーマ「シルクロード」と「京都洛中・洛外」の諸作を堪能。シルククロードの終着点が京都という思想に基づいての関連作とか。一方、三瀬展では「奇景」「日本画滅亡論」といった題名が示しているように奇抜で、意図が分からずじまいであった。b0089323_23112350.jpg
b0089323_23114572.jpg

by god-door70 | 2009-02-10 19:18 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 講演会(姜尚中東大大学院教授) 「沖縄の寒緋桜」の便り >>