花三昧と美術館めぐりの旅(4)

 2009.4.14-15 この旅で4美術館に立ち寄った。清春白樺美術館、フィリア美術館、原田泰治美術館と信州高遠美術館。北杜市清春芸術村内にある清春白樺美術館で「ジョルジュ・ルオー色彩の交響曲」展を見学。ルオー家から借りてきたという「ピエロ」を観れたのは収穫。ポスターの「武者絵」は残念ながら山梨県立美術館に貸出中で観れず。寄る予定であったが道を間違えて先に車を走らせてしまった。
 小淵沢にあるフィリア美術館は高原の森に囲まれパイプオルガンのある「平和」をテーマとするミニ美術館。企画展「渡辺禎雄・型染版画の世界展」が目的。切り絵に通じる技法と、和紙の風味の活かし方が参考になった。諏訪湖畔で原田泰治美術館。先月3月2日に発行された切手「ふるさと心の風景4集・春の風景」10種の原画を描いた画家の美術館。一度訪れたいと思っていた。石垣、花弁の一つ一つを気の遠くなるように描く画風には驚いが、ぬくもりを感じさせる独特な世界でもある(中央絵)。右の絵は高遠出身中村不折の代表作品のひとつ。
b0089323_21312313.jpgb0089323_21314740.jpgb0089323_1042356.jpg

by god-door70 | 2009-04-18 22:24 | Comments(2)
Commented by seqtaxus08 at 2009-04-30 00:07
はじめまして。わたしも今月、清春芸術村、いってきました。いい所ですね。スケッチ会ということで、少々絵など描いてきましたが。。ところで、花三昧と美術館めぐりの日々を送っておられるようで、うらやましいです。今後とも、よろしくお願いします。参考にさせてください。seq
Commented by god-door70 at 2009-04-30 14:12 x
seqさんへ。アクセスに感謝します。貴兄ブログで絵の作品を拝見しました。清々しいタッチで描かれておられますね。発表会開催の折にはぜひご連絡下さい。今後小生も貴homepageに時折お邪魔させていただきます。
<< 東京ぶらり#09-08 花三昧と美術館めぐりの旅(3) >>