日本フィルハーモニー演奏会

b0089323_2219494.jpg 2009.7.15 日本フィルハーモニー交響楽団アフターヌーン・シリーズ第10回演奏会に。
 チェロ八重奏でフランクの組曲などが演奏された。バイオリン八重奏は聞いたことがあるが、チェロでは珍しいい初体験。メインはハイドンの交響曲第60番《うつけ者》。曲では時折意識的に極端に音を外す場面があり、初めて聞くので瞬間チョットびっくり。関係ないけど、信長は青年時代「うつけ者」と呼ばれていたっけ。
 この演奏会はあまり取り上げられない曲や演奏編成など新しいい試みがなされるので興味深い。次回は9月、楽しみだ。
by god-door70 | 2009-07-15 21:56 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 東京ぶらり#09-15 東京ぶらり#09-14 >>