2美術展見学

 2009.9.11 吉祥寺画材屋に出向いたついでに、吉祥寺美術館と三鷹美術館に立ち寄った。吉祥寺美術館では「上村淳之展-唳禽(れいきん)を描く」を見学。淳之画伯は、松園・松篁と三代続く現代の代表的日本画家で、鳥たちを飼育しながら花鳥画を描いている。見学する度に背景の色彩が魅力的で参考にしたいと思っているのだが・・・。
 三鷹美術館では風景画家吉田博をはじめとする四代にわたる家人7名の「世界をめぐる吉田家4代の画家たち展」が開かれていた。木版画、油彩を中心に世界の風景画が展示されていて、受け継いだそれぞれの画風が比較できた。家族展を開けるのは素晴らしくことでもあり、うらやましい限りだ。
 b0089323_11434594.jpgb0089323_1144278.jpg

by god-door70 | 2009-09-11 11:42 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< アンリ・リヴィエール展など 日本フィル・アフタヌーンシリー... >>