「ウイリアム・ド・モーガン」展

 2009.11.15 内外情勢調査会講演会の後、汐留ミュージアムで「ウイリアム・ド・モーガン」展を見学。ウィリアム・ド・モーガン(1839~1917)は、タイル・アートの巨匠。19世紀英国の装飾美術界をリードし、陶器装飾の分野で才能を発揮したとか。作品は建築用タイル、陶器などに花・鳥・動物・船などの多彩なモチーフが描かれていたり、イスラムの文様を、独自に開発したラスター彩で表現したりした作品など。タイルパネルや彩色皿などのデザインに魅せられた。
b0089323_230207.jpg

by god-door70 | 2009-12-18 22:31 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 切り絵作品#105(カレンダー... 講演「美しい力強い日本」(亀井... >>