江戸の伊勢型紙美術館

 2010.1.29 世界で唯一の着物の伊勢型紙を展示している美術館とのことで興味があり訪れた。 手漉き和紙を柿渋で貼り合わせ紙をカットした型紙で、文様を着物の生地に染めるための原版。江戸時代おもに伊勢で作られ千年の歴史があるとか。精緻なカット・文様が切り絵と共通するところがあり勉強になった。館長さんの話では着物需要が少なくなり職人さんの技術伝承が難しくなっているようだ。b0089323_2146287.jpgb0089323_21465278.jpg

by god-door70 | 2010-01-29 21:44 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 東京ぶらり#10-4 日銀白川総裁の講演「当面の日銀... >>