「画業60年松尾敏男回顧展」

 2010.2.5 紙パルプ倶楽部会合の後、三越本店で「画業60年松尾敏男回顧展」を見学。日本芸術院会員として活躍する日本画家・松尾敏男画伯の60年にわたる画業を振り返る美術展。乳白色の画面は安らぎ、癒し、静かさを与えてくれる感じがする。
 万里の長城、ヴェネチャを描いた作品もあり、切り絵制作の題材にしたことがあるので何となく親近感を覚えた。
b0089323_21164787.jpg

by god-door70 | 2010-02-05 20:56 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 母101歳の正月 「長寿食のすすめ」小泉武夫農学博士 >>