富岡製糸場見学

 2010.5.11 世界遺産暫定リストに記載されている国指定重要文化財・富岡製糸場を見学。明治5年フランス人に建設、製糸技術の指導を受け操業を開始した製糸官営工場。
 日本の工業化は製糸から始まった歴史的建造物。煉瓦が漆喰により整然とフランス式に組み合わせれた工場建物が見事に残されている。12m強幅、長さ140m強の工場の中は柱なしで、天井の木組みが見事だった。三角形の組み合わせで強度を保つのだとか。
 敷地内に重要文化財建物が数棟保存されている。ここで技術を習得した女工さん達が、地元に帰り地域の製糸技術を全国的に広め絹産業発展に貢献したとのこと。日本の近代化は女性の力によるところが多いようだ。昨今の女性パワーも強烈であるが。(何でも見てやろう#5)
b0089323_9563747.jpg
b0089323_10115949.jpg

by god-door70 | 2010-05-11 20:16 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(2)
Commented by maa at 2010-05-16 15:21 x
念願だった富岡製糸工場に行ったんだね。
Commented by god-door70 at 2010-05-17 15:19
先を越されたので、急遽日程に加えたわけです。収穫多かったよ。
<< 足利学校、鎫阿寺など 競馬教室に参加 >>