第二回紙パ倶楽部絵画同好会作品展

 2010-11-8 切り絵2点を出品した「第二回紙パ倶楽部絵画同好会作品展」がオープンした。製紙関連企業OBの集まりで現在会員数27名。今回は、油彩をはじめ幅広いジャンルで出品数48点と楽しい作品展となっている。ぜひお立ち寄り下さい。
 会場:銀座会議室(銀座松屋アネックスビル6階)銀座3-7-10、TEL.03-3544-0611
b0089323_10242998.jpg

by god-door70 | 2010-11-08 20:12 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(4)
Commented by YAS at 2010-11-11 19:29 x
将に芸術の秋ですね。小生の業界も、今週「第52回会員作品展」が開催され、絵画、書・篆刻、俳句、工芸、写真など各分野で日頃の腕前が発揮され、嘗ての同僚の作品を見て、たまたま居合わせた本人に「仕事をしていなかったのではないか」と茶々を入れ、何もできない自分に切歯扼腕した次第。また、近くの交通会館で開催されていた業界OGの個展にハシゴ。先週は、旧制高校OBの絵画展に出品している顧問弁護士先生の作品を観賞。残念ながら、ベンチに入ったり、ダイヤモンドでプレーすること叶わず、せいぜい外野スタンドから拍手を送るのみ。でも、案内の通知をいただけることは、むしろ大変有り難いことではないかとも思っています。
Commented by god-door70 at 2010-11-11 22:53 x
9月作品展にお立ち寄り頂いて、再度11月でしたのでご自宅に案内状出しを遠慮した次第です。11/12の14:00までは会場に居ます。
Commented by YAS at 2010-11-12 19:25 x
千秋楽に間に合って良かったと思います。それにつけても、「切り絵」とは、なかなかのもの、やはり目を引く世界ですね。ヴェネチアを探しているうちに、数多作品をクリック、それぞれ素晴らしいことをあらためて感じ入った次第。これも然ることながら、作品展を開くことは、人が集まる機会を広げ、普段なかなか会えない人に会い、なにがしかの会話が生まれ、コミュニケートすることができ、特に高齢者にとって、ボケないことに繋がるのではないかと思っています。それに、銀座となれば、小生にとって、滅多に出掛けないところなので、この機会に銀ブラを楽しみ、乗換駅の高田馬場で書店に立ち寄るなど、日常と異なる景色を眺めることができ、いい一日となりました。一定の目標をもって、体を動かすことが健康をキープする基本であることは、分かっているものの、その実践は容易ではありませんが、それを地で行っている貴兄には、誠に恐れ入る次第です。今後ともご活躍を祈ります。
Commented by god-door70 at 2010-11-12 22:13 x
御来場いただきありがとうございました。満足なご相手が出来ず申し訳ありませんでした。明日から海外へということでしたが、帰国後ご体験談を聞かせいただきたいものです。
<< 大井美佳ピアノリサイタル 「日本画と洋画のはざまで」展 >>