加来浩二展

2013.3.19 紙パルプ倶楽部絵画同好会会員である加来浩二さんが米寿を迎えて個展を開催された。祖父の墨絵、プロの画家である母上のDNAを受け継いで、幼少の頃から絵を描くことが大好きだったとのこと。約20年描き溜めた作品から選別しての心温まる米寿記念個展であった。画家加来絢子さんの遺作も展示されていた。
b0089323_10274955.jpg

by god-door70 | 2013-03-19 16:17 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< フラワーアレンジメント#34 二川幸夫「日本の民家1955年」展 >>