「2013四季のいぶき写真展」

2013.4.5 稲の会の会員であるM.Yさんが「2013四季のいぶき写真展」に参加し、作品「新緑」を発表したので見学した。新宿御苑でふと目に付いた楓の新緑の葉を撮影した作品とのことであった。63名の写真家グループが、大・中判カメラ、銀塩フィルムで四季折々の日本の原風景を美しく見せてくれた。デジカメ時代でも本来の写真術を継続維持している活動は貴重だ。 
b0089323_1952484.jpg
 
by god-door70 | 2013-04-05 20:11 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「フランシス・ベーコン展」 切手に見る紙のお話(40)「紙... >>