「フランシス・ベーコン展」

2013.4.5 国立近代美術館で「フランシス・ベーコン展」を観賞。ピカソと並ぶ美の巨匠だそうだ。ピカソも理解できないが、更にベーコンは難解。ピカソの方がまだ美があるように思うが、ユニークさでは抜群だ。身体表現が特徴のようだ。敢えて選べば「走る犬のための習作」かな。この美術展への若者の来場者が多いのが印象に残った。若者に人気がある画家のだろうか。
b0089323_14125562.jpg

by god-door70 | 2013-04-05 20:15 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 八丈島からのフリ-ジア 「2013四季のいぶき写真展」 >>