「国際切り絵コンクール展」

b0089323_10431643.jpg「2013.10.21 山梨県身延にある富士川切り絵の森美術館で開催されている「国際切り絵コンクール・公募入選作品展」を見学すべくマイカーで遠出した。中央高速を使い河口湖ICを出て、本栖湖、下部温泉を経て富士川クラフトパーク内にある展示会場に到着(約3時間)。
 コンクールでは約140点が入選し、応募数はその約3倍強ということだから450点が競ったことになる。パンフレットにある作品は、文部科学大臣賞入選した豊かな発想による細密なデザイン切り絵。切り絵と呼べるのかな、と感じる作品もちらほら。少しは参考になったかな。
 切り絵展見学後、国道52号線で南下し、単身赴任で勤務(25年前)していた富士市にある工場を訪問。懐かしく、そして日進月歩、新しい改革に挑戦する姿を嬉しく見学した。会社は、3年後に創業100周年を迎えるわけだが、益々の発展、世界への飛躍を願っている。
by god-door70 | 2013-10-21 10:35 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)
<< 「三島市楽寿園」「熱海市起雲閣」 「神戸同姓会」の終焉 >>