世界遺産アンコール遺跡一人旅(2/3)

2014.1.13~1.17 世界遺産アンコール遺跡一人旅の二日目。
午前に、東南アジア最大の湖・トンレサップ湖で水上生活の状況を見学。カンボジア人口約1,500万人のうち100~200万人が水上生活者という信じられない数値だ。大型ボートに乗って、湖上家屋や、水上に浮かぶ学校、教会、自然とともにたくましく生きる人々の暮らしぶりを見ることが出来た。小舟での物売りも。
午後は遺跡群の中で最大の規模と見事な建築様式を誇るアンコール・ワットを見学。ヒンズー教における宇宙観を地上に再現した遺跡群。「王と神が一体化する」聖なる場所だそうだ。回廊の壁画に描かれた天地創造神話、数々の女神像など数限りない彫刻が続く。中央尖塔の高さ65m、三重の回廊構造。夜、ライトアップされた世界遺産バイヨン寺院で宮廷舞踊アプサラダンスを観賞。約8,000歩。
b0089323_23241374.jpg
b0089323_232452100.jpg
b0089323_21521339.jpg
b0089323_21524677.jpg
b0089323_21531870.jpg

by god-door70 | 2014-01-18 23:13 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 世界遺産アンコール遺跡一人旅(... 世界遺産アンコール遺跡一人旅(... >>