世界遺産アンコール遺跡一人旅(3/3)

2014.1.13~1.17 世界遺産アンコール遺跡一人旅三日目。
朝4:30起床し、アンコール・ワットに昇る朝日を観るべく懐中電灯を照らしながらビューポイントに向かい日の出を待つ。6:40頃遺跡右側の空が紅色に染まり太陽が昇り始めた。多くの見学者から歓声があがる。
ベンメリア遺跡見学、クメール伝統工芸学校、アンコール国立博物館、オールドマーケット散策などが今日一日の行程。ベンメリア遺跡は、日本からの観光客は殆ど訪れない密林に眠る遺跡で崩れたままの状態で残っていて、復元計画はまだ無い。アンコール遺跡調査・復元工事には上智大学、早稲田大学が協力しているが資金問題が課題。クメール伝統工芸学校は、日本人有志の資金協力によって作られたカンボジアの若者が、工芸技術(シルク・木彫り・石像・銀製品など)を身につけるための施設。全国に既に40か所設置して地方から都市への若者移動を防ぎ、地方に産業力を増進させる政策のひとつとしている。中国も農村と都市の格差問題が深刻だからカンボジアに学ぶべきではないのかな。オールドマーケットの値札なし値段交渉が必須で、言い値の1/3で木彫り仏像をゲットした兵もいたようだ。マイ値段交渉力(?):50%(言い値の1/2程度)。
現地シャムリアップ1/17、1:00am発JALで帰国。充実の現地三日間の一人旅であった。
b0089323_22195797.jpg
b0089323_2221057.jpg
b0089323_11344259.jpg
b0089323_1126471.jpg
b0089323_11382974.jpg

by god-door70 | 2014-01-17 21:57 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)
Commented by tomi at 2014-01-21 18:44 x
「百聞は一見に如かず」とか。百回聞くよりも一度見るほうが、よく理解できると言われています。まさに貴ブログが教えてくれました。世界遺産アンコール遺跡訪問、やりましたね。凄いバイタリティーに脱帽です。テーマの大きさ、それに丁寧な記事、素晴らしい写真、大作感動しましあた。
<< 世界遺産アンコール遺跡一人旅(... 御府内八十八カ所めぐり(#76... >>