世界遺産アンコール遺跡一人旅(街風景)

2014.1.13~1.17 世界遺産アンコール遺跡一人旅(市街風景)。シェムリアップ市中心街から車を20~30分走らすと電気がない生活を強いられている地域になってしまう。「電気の無いところに文化は生まれない」の言葉を実感として受け止めた。その地域の写真掲載は敢えて外し、バスからの街写真、ぶらぶら歩き中に撮ったものをブログアップした。
b0089323_1365144.jpg
b0089323_1372135.jpg
b0089323_1375747.jpg
足湯でなく、「fish massage」と称するマッサージ。小魚が500程泳いでいる水槽に足を入れると一斉に食いついてくる。先客に集まっていた小魚が、新入り客に魚の大半が移動した。魚がご馳走とされる足(汚れた足?)を即座に判るのが摩訶不思議。マッサージ効果は判然としないが、目で見る楽しみは味わえた30分、300円の面白体験。カンボジア料理のひとつ、鶏肉中心の水炊き。日本名称カボチャは「カンボジア」からという通説があるように、カンボジア料理にはカボチャがよく出てきた。水炊きにもカボチャが入っていた。
by god-door70 | 2014-01-20 23:39 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)
Commented by 桐の朋 at 2014-01-23 14:01 x
新年早々念願のアンコール遺跡ツアー実現されその行動力に感嘆です。それにしても人類の英知と勤勉さそれに芸術的感性は世界各地で明らかになっていますが素晴らしい事ですね。それをブログで堪能させて頂き感謝。お魚のマッサージは微笑ましい清涼剤でした。
<< 「パテックフィリップ展」 世界遺産アンコール遺跡一人旅(... >>