旅行(札幌・礼文島・知床・羅臼)-①

2014.9.6~9.7 札幌市内見物。重要文化財指定の建物を中心に札幌市内を回る。目指すは「北海道知事公館」と「旧小熊邸」であった。知事公館(設計:萩原惇正)は、昭和11年(1936年)に三井合名会社の別邸として建てられたもので現在知事公館として使用されている。旧小熊邸はライトの弟子で北海道近代建築の草創期を代表する建築家田上義也の設計建築(昭和2年)による邸宅。建築当初の姿で復元移築され、現在は喫茶店として利用されている。市内と思えない静かな庭園、小高い丘に建ちメルヘンッチックでもある。「北海道庁建物」「札幌資料館」「時計台」「北海道大学キャンパス」などを一通り見物後、今年6月に新装オープンした「札幌競馬場」で数レースを楽しむ。北海道に行ってまで競馬では笑われそう。
b0089323_1904024.jpg
b0089323_1952041.jpg
b0089323_1972741.jpg
b0089323_18575229.jpg

by god-door70 | 2014-09-12 20:04 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 江戸の大名屋敷を歩く#1(JR... 旅行(札幌・礼文島・知床・羅臼)-② >>