糖業協会所蔵美術品展

b0089323_16524464.jpg2014.10.9 学友Y.Tさんから公益社団法人糖業協会が所蔵美術品を一般公開しているとの情報を得て「糖業協会所蔵美術品展」に出向いた。なかなか観る機会がない所蔵品の名品に触れることが出来、大正・昭和前半時代の名品を観賞出来た。篤志家が収集した多数の貴重な作品が散逸しなかったのは素晴らしいことであり、国の宝だ。所蔵品の一部が公開されたとのことであるから次回を期待している。猪熊弦一郎、熊谷守一、有島生馬、小磯良平、林武など近代美術品を楽しんだ。
by god-door70 | 2014-10-09 18:18 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 江戸の大名屋敷を歩く#5(三田付近) 小江戸佐原の町 >>