百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)Ⅳ 【瀬戸内しまなみ海道】

2014.11.18 「瀬戸内しまなみ海道」を使って、向島を経て因島と生口島まで行った。目指したのは村上水軍の「因島水軍城」、「本因坊秀策囲碁記念館」そして生口島の「平山郁夫美術館」。南北朝から室町・戦国時代にかけて活躍した村上水軍の小説「村上海賊の娘(和田竜著)」を読んで興味があったこと、江戸時代に活躍した天才棋士秀策にあやかって棋力が少しでもアップをと。平山画伯生誕地にある平山郁夫美術館では少年時代に描いた作品が展示されているので。母親がよくも保存していたものだと敬服。
b0089323_22244726.jpg
b0089323_22263079.jpg
b0089323_22271081.jpg

by god-door70 | 2014-11-22 14:18 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)
Commented by 桐の朋 at 2014-11-26 13:36 x
広島のお生まれだったのですね。長年のカーブファンとして色々なご縁を感じます。平山郁夫美術館の数々の写真楽しませて頂きました。少年時代の傑作是非次回のブログにアップして下さい。
<< 百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)... 百名庭を訪ねる旅(広島~姫路)... >>