百名庭を訪ねる旅(京都・大阪)Ⅴ 【京都・「無鄰庵」「平安神宮」の2庭園】

2014.12.12 南禅寺から平安神宮へ向かう途中に山県有朋が造営した「無鄰庵」がある。庭園は造園家小川治兵衛(七代目)が明治20年代後半に作庭したもの。緩やかな傾斜地に東山を借景とし三段の滝、池、芝生を配した池泉回遊式庭園。芝生を取り入れた明るいモダンな庭園だ。西洋庭園の明るさを採り入れたのだろう。
b0089323_21482561.jpg

「無鄰庵」の門前にある麻粥で有名な「瓢亭」から漂う香りに触れながら平安神宮に向かった。神宮参拝者は多いが、庭園に訪れる人は極めて少なく静かに回遊式庭園を散歩できた。思ったより広く5区画にわけても良い位に風景が変わる。飛び石のある大きな池、中国風な橋殿、植物園の様な庭などそれぞれの景観が素晴らしい。
b0089323_22101551.jpg
b0089323_2292591.jpg

by god-door70 | 2014-12-20 19:34 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 百名庭を訪ねる旅(京都・大阪)... 百名庭を訪ねる旅(京都・大阪)... >>