百名庭を訪ねる旅(京都・大阪) Ⅵ【京都・並河靖之七宝記念館庭園

2014.12.12 今回の庭園巡りの最終に選んだのは平安神宮から地下鉄東山駅までの途中にある「並河靖之七宝記念館」の庭園。記念館は明治大正期の七宝家・並河靖之の旧邸。庭師小冶兵衛(七代目)が作庭した民家庭園。100坪位の小さな庭園だが池泉の水はきれい、築山あり独特な石灯籠、形姿が珍しい手水鉢など風流という言葉が似合う。作庭家と七宝工芸家の合作を思わせる民家庭園と言えよう。今回旅で計画したうち「万博記念日本庭園」は雨が強く見学を諦めたが、6庭園を訪れ得た。満足しなけtればなるまい。旅の最後に京都駅近くで知人U、I両氏と懇談、近況を語り合い再会を期して新幹線に飛び乗った。庭園見学に加え、関西在住の知人たちと久し振りぶりに触れあえることのできた充実の旅であった。
b0089323_11584495.jpg
b0089323_11591454.jpg

by god-door70 | 2014-12-20 18:13 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 百名庭を訪ねる旅(京都・大阪)... フラワーアレンジメント#52「奉春」 >>