犬山城・城下町

2015.6.17~18 国宝犬山城に登った。天文6年(1537)織田信長の叔父である織田信康によって創建された、現存する日本最古の木造天守閣。信長、秀吉、家康が城の奪い合いをしたこともあり城主はめまぐるしく変わった。江戸時代に入ると、尾張藩付家老の成瀬正成が城主となり、平成16年に財団法人に移管するまで日本で唯一、成瀬家個人所有の城だった。犬山城最上階まで登り絶景を眺めた後、城下町を散策。本通りの古い町並みに当時の豪商店、山車を保管する蔵などが続く。豪商奥村邸(天保13、明治32修復)、酒造業高木家(大正初期)、磯部邸など古い建物、からくり人形展示館を見学。奥村邸および磯部邸は登録有形文化財に指定されている。
b0089323_1020364.jpg
b0089323_21392780.jpg
b0089323_1825314.jpg
b0089323_1922522.jpg

by god-door70 | 2015-06-17 18:35 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 鵜飼 「鴨居玲展」 >>