鵜飼

2015.6.17~18 木曽川鵜飼を見物。鵜飼は、鵜飼舟に乗った鵜匠が鵜(海鳥の一種)を訓練し、川魚を捕らせる古代漁法だ。1人の鵜匠が操る鵜は10羽、鵜匠の巧みな手縄さばきで川魚を捕まえて水面に上がってくる。その度に観客が拍手。鵜匠の威勢の良いかけ声は「ホーウホーウ」。燃え盛る篝火が眩しい。1300年の伝統を誇る鵜飼をライトアップされた犬山城の下で初めて見た。小生「何でも見てやろう」の上位ランキング入りだ。岐阜長良川鵜飼が本流で、今年2015年3月に国指定無形文化財となっている。
b0089323_1011559.jpg
b0089323_911278.jpg

by god-door70 | 2015-06-17 19:45 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 「有楽苑庭園」 犬山城・城下町 >>