映画「黄金のアテレーゼ」

2015.12.11 絵と音楽に関連する映画の案内広告をみると出掛けたくなる習性はいまだに変わらない。今回は「黄金のアテレーゼ」名画の帰還」。「オーストリアのモナリザ」と称されて国の美術館に飾れていたクリフトの名画《黄金のアテレーゼ》を正当な所有者として国と争い奪還する史実に基づいた映画。ナチスに略奪されたものを82歳の女性と駆け出し弁護士の獅子奮迅で取り返す両者の絡み、心理戦が面白い。
現在はニューヨークの美術館で展示されており、所有者の売却金は殆んど慈善運動に費やされたそうだ。目出度し、めでたし!
b0089323_1581122.jpg

by god-door70 | 2015-12-11 15:00 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「肉筆浮世絵-美の競艶:展 江戸の大名屋敷を歩く#9(文京区) >>