「版画の紙を極める」

2016.1.29 小津紙店ギャラリーで「版画の紙を極める」展を観る。木版画と和紙は切り離せない関係にある。エンブラントも越前和紙を愛用したとの研究報告がある。和紙は古くから輸出され多方面で使われたようだ。和紙と木版画の取り合わせ(適性)を各種の和紙を好事家向けに比較展示されていた。和紙の深みを感じた。
b0089323_16395847.jpg

by god-door70 | 2016-01-29 15:55 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「全日本アートサロン絵画大賞展」 パリ・リトグラフ工房idemか... >>