「北大路 魯山人の美」

2016.6.11 ユネスコ無形文化遺産登録記念特別展「北大路魯山人の美」展を三井記念美術館で鑑賞。制作する陶器の中心を「和食器」において名品を送り出した陶芸家であり書家、篆刻家である北大路魯山人の陶器の世界を垣間見た。こんな器で食事したら落ち着かない気分になりそうだ。雲錦鉢(昭和16)。
 和食は、日本人の伝統的な食文化として2013年にユネスコ無形文化遺産として登録されている。
b0089323_1873333.jpg

by god-door70 | 2016-06-11 20:45 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 切手に見る紙のお話(57)「紙... 「第66回板院展」 >>