「川端康成コレクション展」

b0089323_1910579.jpg2016.6.11 「川端康成コレクション展」を東京ステーションギャラリーで見学。川端康成は、美術品の収集家としても知っていたが、国宝をも所持とは。「知識も理屈もなく、私はただ見てゐる。」とはとても思えない。近世絵画の傑作や近代工芸の優品から、現代アートの巨匠の作品にまでいたるそのコレクションにはビックリ。画家、文学者たちとの交流を物語る書簡類に見学時間を費やした。珍しい長紙切り刀・黒田春秋作「拭漆紙刀」(1965年)、切手のデザインにもある国宝・池大雅と与謝蕪村による「十便十宣図」を観れた。
b0089323_1914297.jpg

by god-door70 | 2016-06-11 19:49 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「第66回板院展」 菓子「紙ふうせん」 >>