ロシアひとり旅➀-1(サンクト・ペテルブルクⅠ)

 2016.9.3~9.11 世界三大美術館のひとつ「エルミタージュ美術館」を訪れたくてのひとり旅。6時間の鑑賞に大満足。広さで迷いなら目当ての絵画にたどり着くこと度々。サンクト・ペテルブルク、スズダリ、ウラジミール、モスクワを観光しての9日間。80歳には少しきつかった。そろそろ大人しくしなければならないかな。歩けるうちはまだまだと勝手に思っているのだが。
今回のロシア旅行で訪れた寺院・宮殿・などの映像で少し紹介してみましょう。
まずは、サンクト・ペテルブルクの3日間。

「国立エルミタージュ美術館」元は「冬の宮殿」と呼ばれた皇室一家の宮殿。ロシアのロマノフ王朝の女帝エカテリーナ2世が、1775年に自分専用の隠れ家展示室を建てたのがこの美術館の起源。総収蔵品は約300万点。宮殿としてエカテリーナ2世をはじめとするロシア皇帝の住居であったエルミタージュ美術館の宮殿装飾が見事の一言につきる。ダ・ヴィンチの『ブノワの聖母』、ラファエロの『コネスタービレの聖母』、レンブラントの『ダナエ』、『フローラに扮したサスキア』などなどを満喫。レンブラントの最高傑作ともいわれる『放蕩息子の帰還』も展示されていた。新館にはピサロ、モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソ、マチスなどの近代印象派の名作ずらり。6時間の見学ではとても足りなかったが、満足の一日を過ごす。
b0089323_12183915.jpg
b0089323_21484445.jpg

b0089323_12201044.jpg
b0089323_1220582.jpg


「血の上の教会」アレクサンドラ3世が暗殺された地の上に建てられた教会
b0089323_1229251.jpg


「聖イサク寺院」1958年建設の世界最大教会のひとつ
b0089323_18572997.jpg


「ピョートル大帝の夏の宮殿」1723年完成。北方戦争で勝利の偉大さを誇示するために建設。(世界遺産)
b0089323_20262281.jpg
b0089323_20271812.jpg


「エカテリーナ宮殿」1724年エカテリーナ1世のために建てられた皇族の夏の宮殿。(世界遺産)
b0089323_20304919.jpg
b0089323_20314474.jpg

by god-door70 | 2016-09-12 13:11 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)
Commented by 桐の朋 at 2016-09-15 20:41 x
(ロシアひとり旅。10葉の素晴らしい写真に圧倒されました。ややお疲れがでたご様子。でも本年度のブログの充実
ぶりには感歎しています。私の好きな米国の詩人サミュエルウルマンの<青春の詩>と言う作品の一部抜粋します。   
青春とは人生のある期間ではなく心の持ち方を言う。年を重ねるだけで人は老いない。理想を失うと初めて老いる。 
既にご存知の作品かと思いますが<紙の歳時記>など立派な作品です。   
<< 「第9回泉郷絵画の会作品展」に出向く ロシアひとり旅➀-1(サンクト... >>