旅行「博多、済州島」

2016.10.10~10.13 博多、済州島を4日間旅した。「大濠公園」「中州屋台エリア」「博多ポートタワー」など博多市内と「大宰府天満宮」を見物。大宰府では中国、韓国からの旅行者が多いのに驚いた。受験競争が極めて厳しい国柄お守り大量購入が珍しくないそうだ。
 「大濠公園」は、中国西湖に模して造園されたとのこと。
b0089323_11201024.jpg
b0089323_11205723.jpg

 「大宰府天満宮」は、連休明け日の早朝での参拝だったので参拝客は少なく喧噪の中で訪れることが出来た。前日(祝日)は、外国人団体でイモ洗い状態が朝から続いていたそうだ。
b0089323_11151179.jpg
b0089323_11154252.jpg

 「中州屋台」は、川沿いに当日は連休最後の日で5店程しか屋台を構えていなかったが、雰囲気は掴めた。
b0089323_1127935.jpg

 10/11~10/12 博多国際港から客船で韓国済州島に渡った。日本海の航海での揺れを心配したがそれ程感じなかった。滞在正味一日だったので、全島を見物出来ず世界遺産「城山日出峰」(日の出の名所で、済州島東端にそびえる、王冠のような姿が特徴的な標高182mの火山。海底噴火によって生まれた山)と「城邑民俗村」(済州島の東部にある、現在も住民が生活している集落。朝鮮王朝時代の東部山間地帯の村の特性がよく残されており、民俗村として指定・保護されている)のみであった。世界遺産も沢山あり機会があれば2,3日かけて全島を回りたいものだ。、
b0089323_11444973.jpg
b0089323_11453988.jpg

by god-door70 | 2016-10-14 12:17 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 「第30回日本アートパステル協会展」 我が家の葡萄 >>