「武士と印刷」展

2016.12.20 印刷博物館で開催されている武士と印刷展を見学した。戦が本分であった武士が替知によるえがち活動を行なっていた事実を膨大な印刷物を通じて紹介していた。家康が目指していた文治政治には印刷が深く関わっていた証明といえそうだ。都市江戸に限らず全国にわたってそれぞれの藩が独自の知的活動をしてた様子が資料を通じて感じ取れた。1600~1800年代にわたる精巧な地図、動植物図、作業手順図、精密な版木も展示されていて興味深く時間を忘れる位だった。
b0089323_16274399.jpg

by god-door70 | 2016-12-20 19:44 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 明けましておめでとうございます 「追悼特別展 高倉健」 >>