「ウィーン・リング・アンサンブル」

2017.1.10 紀尾井ホールで「ウィーン・リング・アンサンブル特別コンサート」の演奏を聴く機会を得た。正月から縁起が良いことだ。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の新旧メンバー、ヴァイオリン2人、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、ホルンの各1人にクラリネット2人の9人編成によるウィーン情緒を醸し出す演奏は流石だ。シュトラス・ファミリーのワルツやポルカを本場の響きで聴くことが出来た。年末正月にかけてウィーンフィルの音楽番組で演奏をTVで聴くが、生演奏は格別だ。
b0089323_11393961.jpg

by god-door70 | 2017-01-10 20:36 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「シンガポールの旅」(3) 初詣 >>