伊那市立高遠町歴史博物館「特別展」

郷里・信州高遠にある伊那市立高遠町歴史博物館で【特別展】「伊那高遠と新宿をむすぶ内藤家」が開催されている。内藤家は高遠藩最後の藩主で、「新宿御苑」は高遠藩の江戸下屋敷の地であった。その関係で新宿との縁が深い。山奥から峠を越えて江戸まで参勤交代の折に甲州街道を行き来していたことになる。
 4月上旬開花、中旬満開のコヒガンザクラが丁度見頃の季節だ。小学校に上がるまで城内屋敷に祖父母と数年を過ごした懐かしの地である。田山花袋は、高遠を「たかとほは 山裾のまち 古きまち ゆきあふ子等の うつくしきまち」と詠んでいます。桜の花見季節だけでなく紅葉の季節にも、ぜひ高遠を訪れて下さい。郷里・高遠のプライベートPRです。
b0089323_21544467.jpg
b0089323_22151260.jpg

by god-door70 | 2017-04-13 16:15 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 「富士山を愛した染色家《久保田... 「滝山城跡公園」さくら >>