「レオナルド・・ダヴィンチXミケランジェロ展」

2017.6.20 「レオナルド・・ダヴィンチXミケランジェロ展」を、三菱一号美術館で鑑賞。イタリアが生んだ画家と彫刻家、両天才の素描を中心とした対比展示。「手と脚を描ければ全てを描ける」「素描は全ての創造の源である」というダヴィンチの言葉が印象深く心に残った。レオナルド作《少女の肖像/〈岩窟の聖母〉の天使のための習作》と、ミケランジェロ作《〈レダと白鳥〉のための頭部習作》を間近で見る機会を得た。
b0089323_21315844.jpg

by god-door70 | 2017-06-20 21:32 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 野菜の初収穫 「雪舟と等伯 水墨の風」 >>