「久保修 紙のジャパニズム」

2017.7.6「久保修 紙のジャパニズム」を鑑賞(於伊勢丹ギャラリー)。精力的に国内外で活躍する久保作品を堪能。若冲ぶりの切り絵「尾なが鳥」は見事。「構想に3年を費やした」ことなど苦心談を聞いた。「ファミリー展」を開いたことを報告し、作品集をご覧いただいた。何時までも続けてほしい、と激励された。
b0089323_21414656.jpg

by god-door70 | 2017-07-06 21:42 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「稲の会作品展」初日 講演会「禅の悟りを求めて」 >>