浅井忠展・浦上玉堂展

b0089323_22303922.jpg 2006.11.28 千葉県立美術館で、日本の画家の中でグレー村の風景を最も多く描いた画家・浅井忠の日本画、工芸品、水彩画30点余りが展示されているので出向いた。
 お好みの水彩・ペン・鉛筆の作品15点を観る。
 中でも、「グレーの塔」(上右)、「フォンテンブローの森」など渡欧中の作品を楽しんだ。
b0089323_22343045.jpg ついでに、千葉市美術館で「浦上玉堂展」を観る。水墨画(山水画)を中心に展示リストによると国宝1点、重要文化財12点、重要美術品4点を含め237点の大型展示。b0089323_2242209.jpg自由奔放に描く山水画を堪能できたが、あまりの多いのと同じ構図で繰り返し描いている作品が並んでいるのでお腹一杯という感じになった。
 国宝の「東雲篩雪図」(下右)は、川端康成が愛蔵していた作品で、現在は川端康成記念館所蔵とのこと。画伯の出身地である岡山県の県立美術館所蔵も若干あったが、殆どが個人蔵であるのも珍しい。川合玉堂に関しては、青梅に玉堂美術館もあり、公立美術館でしばしば見かけることあったが、浦上玉堂はこれまであまり出合うことがなかった。初めて知るという感じであった。
by god-door70 | 2006-11-28 22:49 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 映画「上海の伯爵夫人」 切手に見る紙のお話 (19) ... >>