「川崎小虎と東山魁夷展」

 2007.1.5 「印刷博物館」に出向いたついでに、三越本店で開かれている「川﨑小虎と東山魁夷展」に立ち寄った。
 川﨑小虎は東山魁夷の先生であり岳父、魁夷は小虎の娘婿、双方義理の父子の間柄である。岳父の影響には計り知れないものがあろう。
 昨年11月に、「小堀鞆音と近代日本画の系譜展」で数多くの大和絵歴史画を観たが、小虎は少年時代祖父である川﨑千虎に、その後小堀鞆音に師事。祖父とその弟子から二代にわたって大和絵を習ったとのこである。しかし、武者絵「武士(もののふ)」のような精密に描いた小堀鞆音とは対極的に、姫君や風物を詩情的に描いた絵が多いように感じる。
 魁夷も小虎も好みの画風で、正月から心地よい気分にひたった。
b0089323_22261851.jpg

by god-door70 | 2007-01-05 22:28 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 囲碁(初手合わせ) 「近代印刷のあけぼの展」 >>