横山大観「生々流転」特別公開展

b0089323_17151741.jpg 200701.23 都心に出た序でに、東京国立近代美術館に寄った。目的は、「横山大観生々流転」(重要文化財)特別公開展での、巻頭から巻末まで全長40メートルの展示。
 大気から誕生した一滴の水が、寄り集まって大海へと注がれていく水の一生を描いた作品。
 40メートルの墨絵を一歩一歩観ていくという初めての経験だった。
 大観の自然観や人生観を少しでも理解できればいいのだが・・・。
by god-door70 | 2007-01-23 17:14 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< ニューオータニ美術館「新春展」 京王沿線ウォーキング >>