ギメ東洋美術館所蔵浮世絵名品展

b0089323_1747389.jpg 2007.2.9 ギメ東洋美術館所蔵浮世絵名品展を太田記念美術館で観る。
近年ギメ東洋美術館に寄贈された葛飾北斎の「龍図」が、太田記念美術館所蔵の「虎図」と対幅であることがわかり、美術史上でもまれに見る大発見となり話題となっている美術展。少なくとも75年を超えて龍虎が再会、決め手は、表装唐紙が同じで、龍虎の目線が合い、口が「阿吽(あうん)」になっている構図などという。
 ギメ東洋美術館は、フランスのパリにあるフランス国立美術館で、1889年に実業家エミール・ギメ氏によって設立された、世界でも指折りの質を誇る東洋美術コレクションを有しているとのこと。
 来館者が多く、床過重の危険防止のために2階展示場への入場制限をしていた。普段は静かな美術館に思わぬ北斎異変をもたらしていた。
by god-door70 | 2007-02-09 17:43 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 中島千波展 長野県・奈良井宿に立ち寄る >>