剪画展「異国への憧憬」

b0089323_105775.jpg 2007.5.12 剪画アート&スペースで、剪画展「異国への憧憬」を観る。
 協会事務局長の小野寺マヤノさんのお話によると「剪画は、主に《黒い紙》を土台として切り抜いてゆく世界。見知らぬ「異国」とナイフによってきりだされて出現する世界が、どこかで符合するイメージがある。《異国への憧憬》というテーマを設けた所以」とのこと。
 「剪画(せんが)」と「切り絵」の違いはないと思われるが、新しい芸術分野を確立することを目指すグループとして一線を画す意欲を感じる。
 
by god-door70 | 2007-05-12 18:43 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(2)
Commented by tokutoujin at 2007-05-14 09:12 x
剪画アート&スペースの場所、開催期間を教えてください。
なお、投稿日付が5-19、5-20、・・・とかなってますが・・・・・?
Commented by godーdoor70 at 2007-05-14 10:16 x
開催期間-7/8。木曜-日曜。12:00-18:00。金町駅南口より戸ケ崎操作場行きバス停「しばられ地蔵入口」下車。地蔵寺に通じる道の左側。小さいので見落とし注意。日付訂正:5/19です。
<< しばられ地蔵、水元公園 ウォーキング(青空の会) >>