小田急・西武・江ノ電「のんびりハイク&ウォーク」

b0089323_2212371.jpgb0089323_229898.jpg 2007.5.20 小田急・西武・江ノ電「のんびりハイク&ウォーク」に参加。
 眼下に広がる鎌倉の海と鎌倉幕府終焉の地を訪ねるコース、約9.5㎞。
 晴天、暑い位の天気のなか江ノ電・稲村ケ崎駅をスタート。稲村ケ崎⇒由比ガ浜⇒光明寺⇒九品寺⇒来迎寺⇒八幡神社⇒妙本寺⇒鶴岡八幡宮⇒鎌倉駅(ゴール)。
 由比ガ浜では、多くのサーファーやヨットが見られた。海岸沿いにもくもくと炎天下を歩き、光明寺に到着。浄土宗の大本山で現存木造古建築で鎌倉一。丁度秋葉山例大祭行列が行われていた。
b0089323_2247536.jpgb0089323_2243475.jpg コース中に鎌倉らしく連続して寺院や史跡が現れるが、印象深かったのは妙本寺。開基は比企一族、建立が文応元年(1260年)、本堂の彫刻が見事、しばらく見とれた。日蓮宗寺院中、最古の寺とか。妙本寺はウォーキングの本コースでなかったことが幸いし境内は静寂そのもので大寺院を独り占めの幸運。鶴岡八幡宮は、日曜であることもあり人の波。
 八幡宮のすぐ脇にある神奈川県立近代美術館に立ち寄って「館所蔵の近代絵画名品展」を観た。八幡宮とは打って変わってこちらは来館者マバラ。落差が激しく戸惑うことしきり。
 遠出のウォーキングだったが、一日を楽しんだ。小田急沿線のウォーキングに今後も参戦してみようと思う。
by god-door70 | 2007-05-20 18:48 | ウォーキング(walking) | Comments(0)
<< 「のんびりウォーク」の寄り道 「丸山英雄 切り絵展」 >>