「紙のジャポニズム~彩時記」展

b0089323_22191659.jpg 
2007.7.18 切り絵画家久保 修先生の「紙のジャポニズム~彩時記」展を観る。
 画集で先生の作品を沢山拝見しているが、実物を観るのは一年振りだ。今回も、「切り絵」とは思えない様な細かく描かれた作品は実に魅力的だ。大胆なデザインの作品にも目を奪われた。額装方法なども参考になることが多かった。 
 昨年同時期に開かれた展示作品を観て、先生の切り絵教室に入門したのだが、なかなか上達しない。楽しんで時間をつぶしている感じ。いつまで続けられるのだろうか。
by god-door70 | 2007-07-18 22:21 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(0)
<< 「都民と消防のふれあいコンサート」 切手にみる紙のお話し(29) ... >>