「北斎 富士を描く展」

b0089323_10362175.jpg2008.1.19 北斎の二大富士シリーズ「富嶽三十六景」と「富嶽百景」が同時展示に魅せられて出向く。有名作品だけが数点出品・展示されるケースが多いので、このような企画は有難い。 「富嶽三十六景」が全部で46図であることと、北斎70歳から手掛けた作品であることをはじめて知ったのが今回の収穫。恐れ多いブログ記載だが、小生が切り絵をはじめたのも
b0089323_11175361.jpg同じ古稀の歳から。最近は65歳から後期高齢者というらしい。チョット抵抗あるなあ。
 「富嶽三十六景」46図のうち、一枚だけ富士山の雄姿が描かれていない作品「諸人登山」(右)があることも知った。登山道として富士山は描かれてはいるが・・・。
 額装102点の「富嶽百景」図版は再度見たい気がする。
by god-door70 | 2008-02-19 20:36 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「奥谷博展」 映画(レンブラントの夜警) >>