永福寺・大施食会

 2008.5.18 永福寺で開かれた大施食会の説教・法要に参加。
 今年のお説教は、永平寺僧侶・宗 清志氏による「食文化の変遷と作法」。食疑惑を含め家庭料理消滅の危機を訴えた後、曹洞宗修行の一つ「ごはんを食べる」を参加者一人ひとりが食器を使って模擬作法を体験。箸・匙以外に「へら」が添えられていて、一人ひとりがへらを使って食器を洗うのが修行僧の食事作法とか。
 「五観の偈(ごかんのげ)」の教えは難解だが、青年僧が考えた「僕らの言葉で」によると
b0089323_22551422.jpg一、おいしさを つっくてくれて ありがとう
二、ふり返ろう 私のおこない その心
三、言わない やめよう 好き嫌い
四、身をつくり 心をつくる よき薬
五、いただきます 今を大事に 生きるため
 精進料理が実際出されればもっとグーだったが、修行僧の食事作法を初体験できた。
b0089323_1191715.jpgb0089323_1193745.jpg

by god-door70 | 2008-05-18 22:15 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)
<< 杉並区文化財調査 庭の花(ユキノシタその後) >>