岡鹿之助展

b0089323_21432786.jpgb0089323_21444465.jpg2008.6.3 ブリジストン美術館で「岡鹿之助展」を観る。
 題材別に9種類に分けて展示されていて鑑賞しやすかった。全国の美術館や個人所蔵作品が集められての展示で、 数度出会った作品が多数あった。三色すみれの小品やフランスの古城を描いた作品が好み系なのでゆっくりと見て回った。
b0089323_21324073.jpg 岡鹿之助画伯の作品「雪の発電所」(右上)が、切手図案として近代美術シリーズ第9集(1981.2.26発行)に採用されている。
 常設展示室では、切手趣味週間(1970.4.20発行)に切手デザインとして採用された岡田三郎助画伯の「婦人像」(右下)が展示されていた。 
by god-door70 | 2008-06-03 21:52 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 山種美術館「大正から昭和へ」展 農園でナスの花を撮る >>