府中市美術館、武蔵野音楽大学多摩楽器展示室

 2008.6.24 府中市美術館で「ゆかいな木版画~その、柔らかな微笑み」展を鑑賞。  竹久夢二、万鉄五郎、川上澄生など珍しい木版画を堪能。当美術館は、大正・昭和に活躍した創作版画家たちの版画作品を多数所蔵しているようだ。切り絵と共通する面もあり、楽しみながら鑑賞した。
 多摩センターの近くに武蔵野音楽大学多摩楽器展示室があるので立ち寄った。100点ほどの弦楽器が世界各地・地域別に展示されていた。アジア系の珍しい楽器類を見ることができた。
 武蔵野音楽大学の楽器所蔵総数は5,000点以上で、江古田キャンパス楽器博物館に約3,900点、入間キャンパス楽器博物館に約1,400点の楽器が展示されているようだ。
 機会をみて見学したいと思っている。
b0089323_22343656.jpgb0089323_22345942.jpg

by god-door70 | 2008-06-25 23:12 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 相田みつを美術館企画展 庭の花(クローバー) >>