「囲碁世界王座戦(トヨタ&デンソー杯)」

 2008.8.27 第四期囲碁世界王座戦(トヨタ&デンソー杯)準々決勝・大盤解説会を日本棋院会館で見学。
 準決勝に残っていたのは日本代表は張九段ひとりだけ、他の7人は韓国、中国の棋士。日本は世界レベルでは現状劣勢のようだ。
 解説がマイケル・レドモンド九段、聞き手が梅沢由香里女流棋聖という豪華メンバー。
 初体験であったので、雰囲気やその手法などを体験できた一日。
b0089323_20405767.jpg

by god-door70 | 2008-08-27 21:05 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(5)
Commented by 大好きコアラ at 2008-09-04 23:20 x
梅沢由香里女流棋聖綺麗だったでしょうね、私は50歳から囲碁を始めましたがもっぱら問題集と雑誌「囲碁研究」とNHKでした。よって実践経験は殆どありません。当時彼女は聞き手、講座の講師を務めてられました。囲碁界にもこんな綺麗な人がいるんだと思ったものでした。スーパーファミコンのソフトで「梅沢由香里の平成棋院」を買い実践代わりにしておりました。現在は日本棋院発行の「囲碁師範」を日々楽しんでいるおたくザル碁です。
Commented by god-door70 at 2008-09-05 09:49 x
大好きコアラさんへ。コメントありがとうございました。梅沢棋聖は確かに綺麗なはきはきとした方でした。小生は在職中パソコンソフトでの囲碁ばかりでしたが、69歳から地域の会で初めて人との対局を経験し、パソコンソフトとの違いと面白さを味わった次第です。勿論ザル碁水準ですが、いろいろの人達と対局して楽しんでいます。
Commented by 大好きコアラ at 2008-09-06 11:59 x
張名人のこの日の戦績は如何だったのでしょう?肝心なことを聞かなくてすみません。
Commented by god-door70 at 2008-09-06 21:09
張栩名人・碁聖が中国・劉七段に勝ち、準決勝へ進みました。準決勝で中国古九段に敗れ、古力九段と中国朴文尭五段が決勝三番勝負に進出。中国勢同士で優勝を争うことになったようです。日本勢は中国、韓国にはかなわないのですね。
Commented by 大好きコアラ at 2008-09-06 22:10 x
有難う御座いました。今回は中国勢が強かったのですね。現在韓国、中国では序盤からの変化を集団で徹底して研究していると聞いています。日本も遅ればせながら同様の研究をやっているようです。その成果が出ることを期待しています。
<< 農園作業 「東京阿波おどり」前夜祭 >>