「高山辰雄遺作展」

b0089323_22384948.jpg2008.10.1 昨年9月に逝去した日本画家・高山辰雄の遺作展が練馬区立美術館で開催されていたので観に出掛けた。
 現代日本画壇の最高峰で文化勲章受章者でもあった高山辰雄画伯も若い頃は相当苦労した画家だそうだ。賞を求めず自分の描きたいままに続け作風を確立したという。
 風景画・人物画等で独自の境地に達した表現法で、人の心に何かを訴えているような感じに誘われる。
 数年前だったか「文芸春秋」の表紙絵で、1年間画伯の絵を楽しませてもらったことが思い出される。
by god-door70 | 2008-10-01 22:22 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)
<< 「日本作曲家協会音楽祭」2008 「田村能里子展」、「日本伝統工芸展」 >>