講演会「日韓関係 悪化の根源にあるものは何か」

2017.11.18 立教女子短期大学公開講座「日韓関係 悪化の根源にあるものは何か」を拝聴。講師は毎日新聞澤田克己論説委員。1900年代から日韓関係の実態をひも解き、韓国が日本と肩を並べた2010年代から何かにつけ難題を歴史問題を主体に吹きかけている。中国に経済的に完全に依存していることもあり、地政学的にも仕方ない。トランプ歓迎会の独島エビも慰安婦も日本で大きな問題となるという認識が韓国政府筋になかったのだろう。日本が過剰反応すべきでない。
マイコメント:韓国に駐在した記者の陥りやすい典型的意見のひとつ。吉田証言大したことない。ベトナム戦争の韓国兵性的問題には質問者に「独善」と切捨て講演を終了には驚いた。
b0089323_21304500.jpg

# by god-door70 | 2017-11-18 21:20 | 講演会・映画 | Comments(0)

「三田演説館」(慶應義塾大学三田キャンパス)

2017.11.18 「三田演説館」(慶應義塾大学三田キャンパス)を見学。演壇に立ち福沢諭吉の気分を味わった。館前の解説版によると以下。
「慶應義塾の三田演説館は、福澤諭吉先生によって建設された我が国最初の演説会堂である。開館は明治8年(1875年)5月1日、はじめはいまの塾監局の北端のあたりにあったが、大正13年(1924年)に現在のところに移築された。構えは木造かわらぶき、なまこ壁で、日本独特の手法が用いられているけれども、本来アメリカから取り寄せた諸種の図面をもとにして造られたものであって、明治初期の洋風建築のきわめて珍しい遺構とされている。規模は床面積191㎡あまり、一部が二階造りになっていて、延べ床面積は280㎡あまりになる。福澤先生は晩年、この演説館について、「其規模こそ小なれ、日本開闢以来最第一着の建築、国民の記憶に存すべきものにして、幸に無事に保存するを得ば、後五百年、一種の古跡として見物する人もある可し」としるしておられる。まさに、三田演説館は我が国文化史上の貴重な記念物というべきであろう。」
b0089323_21185894.jpg
b0089323_21193527.jpg

# by god-door70 | 2017-11-18 21:14 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

ステンドグラス「伊勢丹新宿本店」

2017.11.16 「伊勢丹新宿本店」でステンドグラスを見物。食道食堂階から屋上庭園に行く階段踊り場のある。昭和10年頃に「宇野澤スティンド硝子工場」が制作、設置されたから80年経過している。モチーフは花とトンボで、昭和初期のモダンなデザイン(三枚共同じ)。淡い色彩が落ち着いた雰囲気の一角で、来客はまず来ないのでゆっくりと見物した。外からの光で写真は上手く撮れなかった。
b0089323_21380029.jpg

# by god-door70 | 2017-11-16 21:35 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「川合玉堂展」

2017.11.16「川合玉堂展」を山種美術館で鑑賞した。自然を愛し、そこに過ごす人々を情緒豊かに描いた作品の数々を奥多摩の山荘を訪れたことを思い出しながら。
b0089323_21453527.jpg

# by god-door70 | 2017-11-16 21:33 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

講演会「家庭料理とはなにか」土井善晴講師

b0089323_21592425.jpg2017.11.8 「家庭料理とはなにか」土井善晴講師による講演を拝聴。「人間は料理することで人間になった。しっかり食べさせてもらった子供は、食べさせられる大人になれる。食べる人が好き勝手に食べていたら健康になれない。」「家庭料理、一汁一菜が基本でなければならない」と。
# by god-door70 | 2017-11-09 21:50 | 講演会・映画 | Comments(0)

「水天宮」

2017.11.8 講演会開催場所に向かう途中に安産祈願で有名な「水天宮」があったので立ち寄った。近代建物に囲まれた神社に戸惑いながら参拝。雨模様だったので参拝者が少なく若い夫婦、七五三の子供などがちらほら。
b0089323_23055682.jpg
b0089323_23065316.jpg


# by god-door70 | 2017-11-08 22:55 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

楓の会「第三回切り絵作品展」

2017.11.5 稲の会の会員M.Iさんが【 楓の会「第三回切り絵作品展」】に出品されたので小手指市民ギャラリーに出向いた。白黒のみによる切り絵表現芸術を堪能した。皆さんの研鑽振りが顕著に表れて素敵な作品展であった。Iさんの3つの作品はそれぞれ繊細さと陰影が見事に表現されていた。今後も素晴らしい作品を期待しています。
b0089323_11071205.jpg

# by god-door70 | 2017-11-05 20:46 | 切り絵(作品展、教室関連) | Comments(2)

切手展JAPEX2017

2017.11.3 全国切手展JAPEX2017を見学。11/3~11/5まで東京都立産業貿易センター。132点の競争参加作品をみて表示方式や作品構成などを参考にしていきたい。       
b0089323_22574645.jpg

# by god-door70 | 2017-11-03 22:42 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

旅行(山陰地方) Ⅰ

2017.10.23 大型台風に見舞われ飛行機は欠航となっため新幹線に変更して出発し1時間遅れで姫路に到着したまでは良かったのだが、鳥取までの列車がストップしていて立往生。仕方なくタクシーで鳥取へ。全くツイテいない一日。
2017.10.24 見物開始。まづ第一目的の「ラッキョウの花畑」の集落へ向かった。山の麓にまで広がる紫色に染まった広大な花園といきたいところだが少し時期的に早すぎたので感動というところまではいかなかった。6~7分咲きというところ。鳥取といえば「砂漠」だ。日本海を遠くに「馬の背」と呼ばれている雄大な砂漠を見渡した。前日の台風の雨で砂が湿っていて少し黒味ががっていた。長靴を借りるほどでではなかったが砂漠の砂の感触を味わることが出来た。50年前に訪れたことがあるが全く記憶が蘇ってこなかった。「砂漠額物館」で砂の芸術を鑑賞。札幌の雪祭りと同じ感じ。旅行スケジュールを取り戻すために鳥取砂漠を早々に安来市にある「足立美術館」に向かった。
b0089323_21425835.jpg
b0089323_21114491.jpg
b0089323_21144570.jpg
「足立美術館」は、大観の美術館と言われるほど横山大観の描いた優れた作品を多数所蔵して名が知れた美術館であり日本一の庭園を誇っている。「制定80年記念文化勲章の作家たち」の特別展が開催中であった。松江に向かった。
b0089323_12093664.jpg
b0089323_12104088.jpg

# by god-door70 | 2017-10-25 22:10 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

旅行(山陰地方) Ⅱ

2017.10.24 松江城下町を散策。松江城天守は最近年国宝にしてされたばかり。訪れる観光客が倍増したらしい。国宝指定の他の城は、松本城、彦根城、姫路城、犬山城で、これですべての国宝指定城えを訪れたことになる。小泉八雲(ラフカデオカーン)旧宅で当時の生活や業績などを、島根県立美術館では所蔵する内外の名画を鑑賞した。松江市を離れて一畑電車北松江線で出雲大社前駅までローカル線の揺れの激しさを楽しみながら2時間弱乗車。昼食は出雲大社鳥居前の食道で名物「出雲そば」食し、出雲大社本殿に向かう
b0089323_12394022.jpg
b0089323_12402359.jpg
b0089323_12440873.jpg
b0089323_12453623.jpg
本殿に向かう長い参道には出雲の国の神話に因みうさぎの石像が散見された。縁結び神社なので若い女性の参拝客が多くみられた。参拝後、国宝の「出雲大社駅」を見学し帰路についた。台風のお蔭で苦労した旅であったが、見学目的場所は駆け足でクリアできた。
b0089323_13183214.jpg
b0089323_13140856.jpg
b0089323_15401107.jpg

# by god-door70 | 2017-10-25 18:19 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「第31回日本アートパステル協会展」

2017.10.11 「第31回日本アートパステル協会展」に知人のYさんが公募入選されたので東京銀座画廊・美術館に出向いた。円熟味を増した作品「パキスタン・フンザの思い出」を鑑賞した。桃源郷の雰囲気と人物の調和が見事に描かれていた。ますますのご精進を願い、次回作品を楽しみにしています。
b0089323_18070766.jpg
b0089323_15595986.jpg

# by god-door70 | 2017-10-11 17:45 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「第9回紙パルプ倶楽部絵画展」が開幕

2017.9.25 本日「第9回紙パルプ倶楽部絵画展」が開幕しました。
 
会期:平成29年9月25日(月)~10月1日(日)
10時~18時 (初日12時より、最終日16時迄)
場所:紙パルプ会館(中央区銀座3-9-11)

銀座にお出向きの折にはお立ち寄りご高覧いただければ幸甚です。
b0089323_18534928.jpg
b0089323_10582327.jpg
>b0089323_10592030.jpg>
      2作品「ゴーヤ」と「花火」を出品しました。<
b0089323_15371420.jpg
b0089323_15424781.jpg


# by god-door70 | 2017-09-25 14:35 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「浜田山稲荷神社祭」

2017.9.24 浜田山駅を降りたら丁度子供神輿が駅前を通過した。神社参道の夜は出店が賑わうことだろう。
b0089323_15441566.jpg

# by god-door70 | 2017-09-23 15:40 | Comments(0)

井の頭公園

2017.9.23 吉祥寺で所用を済ませた帰途、井の頭公園を散歩した。休日なので親子連れやカップルで賑わっていた。桜の季節とは比較にならないけど。
b0089323_15501221.jpg




# by god-door70 | 2017-09-23 13:49 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

「生誕120年東郷青児展」

2017.9.20 「生誕120年東郷青児展」を損保ジャパン日本興和美術館で鑑賞。しばしば当美術館で東郷青児の作品を観てきたが、今回は初期から1930年代の作品を含めた興味深い作品に出会えた。画伯の美の形成過程を辿れもした。
b0089323_18135364.jpg


# by god-door70 | 2017-09-20 18:15 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「経友写真クラブ第9回写真展」

2017-9-16  知人Sさんが所属する経友写真クラブの写真展に出向いた。厳島神社、袋田の滝の作品を発表されていた。神社建物構造の赤色に近い色彩が見事に写されていて見事だった。Nさんの世界各地の路地パホーマンス組写真が面白く笑える。皆さん会を重ねるごとに腕をあげられている。毎回楽しみにしてる。
b0089323_10590116.jpg

b0089323_18285824.jpg

# by god-door70 | 2017-09-16 18:29 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「シャガール三次元の世界」

2017-9-16 シャガールの絵画は美術展や画集で数多く観てきたが、彫刻や陶芸の作品はあまり観たことがない。石彫が大半だが60点近く下絵と共に展示されていた。シャガール独特の色彩による色付けがあったら面白かったのだが。と勝手に思いながらの鑑賞でした。
b0089323_16541548.jpg

# by god-door70 | 2017-09-16 17:16 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「日本フィルハーモニー交響楽団」

2017.9.5 杉並区敬老会で日本フィルハーモニー交響楽団による弦楽合奏を聴く。久し振りの生演奏に触れた。木野雅之(ヴァイオリン)、坂井田真美子(ソプラノ)が出演した。杉並区の高齢者比率は21.1%(約12万人)だそうだ。高齢者数は増加しているが年間流入者数が1万人超で高齢者率は近年あまり変わらないようだ。それだけ地方が人口減少だろうから地方が衰退傾向が続いてしまうわけだ。地方創成のスローガンの実現は難しいことが分かる気がする。82歳老人の有意義な一日。
b0089323_15571020.jpg

# by god-door70 | 2017-09-05 20:14 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「川端龍子展」

2017.8.10 山種美術館で開催中の「川端龍子展」で迫力ある正に超ド級サイズの日本画を鑑賞。没後50年記念。小さい作品ばかりを手掛けている者にとってはうらやしくしくもあり、一度は試したくなるが、家庭では架けられない「会場芸術」である。大サイズでのデザイン構成は参考になる。
b0089323_16554193.jpg

# by god-door70 | 2017-08-10 17:15 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

切り絵「原爆の子像」

2017.8.6 原爆の日。原爆投下から72年目。核廃絶は遅々として進まず。ただ祈るのみ。
b0089323_21231473.jpg
 リンクブログ:  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
# by god-door70 | 2017-08-06 11:30 | 切り絵(kirie-papercut) | Comments(2)

庭のニニトマト

2017.7.30 7月も終わりだ。暑さはまします厳しくなってきた。ミニトッマトも水が恋しいだろうか。毎日食べてもおいつかないで、まだ房々が残っている。キュウリの方は今年は不調で収穫低調で終わりに近づいている。
b0089323_10022275.jpg
b0089323_10030118.jpg


# by god-door70 | 2017-07-31 10:03 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

庭の花(白いゆり)

2017.7.16 庭の白いゆりが咲いた。
b0089323_21102170.jpg

# by god-door70 | 2017-07-16 21:10 | 庭の花を撮る(flower) | Comments(0)

写真展「2017 四季のいぶき」

2017.7.16 写真展「2017 四季のいぶき」に、稲の会の会員Yさんが出品されているので鑑賞に出向いた。72作品が「PHOTO GROUPいぶき」所属の会員により展示されていた。日本全国の自然風景が見事に切り取られていた。Yさんの益々の活躍を願っています。
b0089323_21060814.jpg

# by god-door70 | 2017-07-16 21:06 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「稲の会作品展」への出品作品

2017.7.12 「稲の会作品展」へ出品した作品をブログアップしました。ご批評歓迎、コメントお待ちします。
b0089323_14575380.jpg
梅 と 馬
b0089323_14583018.jpg
林 間 の 馬 列
b0089323_14592016.jpg
観 桜
b0089323_14595955.jpg
ノ ウ ゼ ン カ ズ ラ
b0089323_15002309.jpg
曼 珠 沙 華
 リンクブログ:  「マイ切り絵作品集」 作品#1~#100掲載
# by god-door70 | 2017-07-12 15:05 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「稲の会作品展」無事終了

2017-7-11 「稲の会作品展」無事終了しました、猛暑の中、ご来場、ご高覧頂きありがとうございました。ジャンルの多い作品展ですので楽しんで頂けたでしょうか?。来年は第10回目の記念すべき作品展となります。会員一同来年に向けて腕を磨き傑作を展示したい考えです。
b0089323_22345956.jpg

# by god-door70 | 2017-07-11 22:35 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「ミニトマト収穫」

2017-7-7 七夕の日。ミニトマトの収穫。
b0089323_09425677.jpg

# by god-door70 | 2017-07-10 13:39 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「稲の会作品展」初日

2017.7.7 「稲の会作品展」初日の状況です。ご来場、ご高覧頂ければ幸甚です。      
b0089323_16072172.jpg
b0089323_16080904.jpg

「第9回稲の会作品展」のご案内

   会期:平成29年7月7日(金)~7月11日(火)
      10時~18時 (初日13時より、最終日15時まで)
   会場:「セシオン杉並」 杉並区梅里1-22-32
   交通案内:地下鉄丸ノ内線 東高円寺駅 徒歩5分

会員数 20名、出品展示数 104点、 ジャンル 15(油彩、水彩、パステル、水墨、デッサン、版画、切り絵、写真、書、色紙、短歌、陶芸、竹細工、模型、フラワーアレンジメント)です。ジャンルが広範囲ですのでお楽しみ頂けると思います。ご高覧頂ければ幸甚です。
b0089323_11460114.jpg

# by god-door70 | 2017-07-07 15:47 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

「久保修 紙のジャパニズム」

2017.7.6「久保修 紙のジャパニズム」を鑑賞(於伊勢丹ギャラリー)。精力的に国内外で活躍する久保作品を堪能。若冲ぶりの切り絵「尾なが鳥」は見事。「構想に3年を費やした」ことなど苦心談を聞いた。「ファミリー展」を開いたことを報告し、作品集をご覧いただいた。何時までも続けてほしい、と激励された。
b0089323_21414656.jpg

# by god-door70 | 2017-07-06 21:42 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)

講演会「禅の悟りを求めて」

b0089323_10504199.jpg
 2017.7.5 紙パルプ倶楽部午餐会で、臨済宗妙心寺派 龍雲寺住職 細川普輔氏の講演「禅の悟りを求めて」を拝聴。同氏は現在、NHK大河ドラマ「おんな城 直虎」で禅宗を指導中。1970年生まれの若き僧侶。酷暑の日、禅宗の教えの一端に触れ心が洗われた。心底理解したわけではないが、「そうだよなあ」と思ったりした数時間。要は与えられた人生を精一杯生きることが重要で、この世は生きるに値するということでしょうか。
紹介された名僧や思想家の言葉や箴言を記してみましょう。「生涯現役・臨終定年」「知恩報恩」「生ききる」「自分にとって悪い縁を、いかによい縁にしていくか」「人生は途中で終わるものであり、ゴールインはない、と割り切ると肩に力が抜けてらくになります。」「生きつつあることは、死につつあること」「他の人々によって、自分の光をいただいている私、皆さんが光るから私も光る。」

# by god-door70 | 2017-07-05 20:50 | 講演会・映画 | Comments(0)

「不染鉄」展

2017.7.5 「不染鉄」展を、東京ステーションギャラリーで鑑賞。当美術館は特異なコンセプトで、ユニークは美術展を開催し続けていていつも新しい興味と心を引き付けられる。「追悼特別展 高倉健」「パロディ、二重の声」「二萬五千頁の王国」などに続く「没後40年 幻の画家 不染鉄」企画展である。全く知らなかった明治後半期から昭和50年代まで画業を続けた謎に包まれた画家らしい。「不染の妙味は、見えないはずのものも見通す俯瞰と接近の相まった独特な視点にある」 と解説されていた。確かにそう思いながら富士山や漁村の作品に触れた。
b0089323_10104076.jpg


# by god-door70 | 2017-07-05 18:00 | 美術・音楽(entertainment) | Comments(0)