カテゴリ:何でもみよう,やってみよう( 197 )

「國學院大學博物館」見学 / 石清水八幡宮の御供花

2015.10.13 山種美術館で「琳派と秋の彩り展」を鑑賞後、近くにある国學院大學のキャンパス内にある「國學院大學博物館」を立ち寄った。神社信仰、神々への祭り、考古学に関連する多くの資料が展示されていた。石清水八幡宮の大祭で独特な紙製の御供花が奉納されることを知った。手の込んだ見事な供花に目を奪われた。残念ながら館内撮影禁止で「紙で制作されている供花」の撮影が出来なった。祭りの際に奉納される実物を見物したいものだ。
《後日談》見学した数日後「石清水八幡宮・国宝指定」の新聞報道に接し、その偶然に驚いた。webによる紙製の御供花についての下記質問に、早速資料と丁重な回答を頂いた。
質問1. 供花は紙製と聞いていますが、特種の色紙で作成されるのでしょうか?
  ⇒和紙製です。和紙を古代染めの技法にて草花おり染色しております。木の幹
   や小石は本物を使用しております。
質問2. 供花数は決められているのでしょうか?
  ⇒12台と決められております。所説ございますが、四季の花×御祭神3座分と
   考えれております。
質問3. 高さはども位のものなのでしょうか?
  ⇒おおよそ50cm程度です。台座部分を含めると70cm程度になります。
質問4. 花の種類は決められているのでしょうか?
  ⇒毎年まったく同じものが作られますので、花の種類も決まっているというこ
   とになります。
送付頂いた「供花神饌について」の資料で詳細が分かりました。石清水八幡宮ご担当に感謝します。
b0089323_9305338.jpg

by god-door70 | 2015-10-13 19:58 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

ぶどうの収穫

2015.9.21 小さなの葡萄棚に今年は数拾房が例年になく実った。ほったらかしだが紙の袋だけは施していた。無駄そうな枝を思いっきり切り飛ばしたお蔭かもしれない。肥料など手掛けているわけでもないので、姿はそれなりだが決して美味しいわけではない。甘味料を加えてジュースにして飲む程度がベスト?。新鮮なジュースではあるけど。
b0089323_1014164.jpg

by god-door70 | 2015-09-21 10:15 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「30,000人の写真展」後日談

2015.9.19 今年7月に開催された「30,000人の写真展」(ミッドタウン会場)に真夏の面白体験として中国地方旅行で立ち寄った折に撮った倉敷の一風景「地酒屋」を出品した。「6段掛けでの展示、壮観でもあり、これでもかという感じ」と鑑賞記を以前のブログ(2015.7.13)に書いた。小生作品は正に6段掛けの最下段、屈まなければ良く観れないポジションだった。膨大な展示作品のなかで「誰も関心をもってくれないだろう」と正直思った。結果は存じ上げない二人の方からメセージが送られてきた。「じっと見ていると地酒のにおいがしてきます。いい所を切り取りましたね。(M.S)」、「私の地元は倉敷ですが、こんなキレイな所はなかった様な地元を美しく写して頂き感謝(倉敷小僧)」と。3万点にも及ぶ中から目を止めてコメントを頂いたことに感謝した次第。見てくれた方がいたんだ!
b0089323_21361888.jpg

by god-door70 | 2015-09-19 12:35 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)

「経友写真クラブ第七回写真展」

2015.9.17 Sさんが出品されている「経友写真クラブ第七回写真展」(於JCIIクラブ25)に出向いた。日野市にある高幡不動尊で毎年11月22日五重塔で催される「萬灯会」をテーマにした作品を解説をいただきながら鑑賞した。Sさん作成のパンフレットによると萬灯会は御仏に「七難即滅・七福即生」を願うことと、先祖の冥福を祈る行事だそうだ。奉納し祈る人々、行事の様子を的確にとらえたシリーズ4枚は臨場感を与えてくれた。写真の前で手を合わせたくなった。
b0089323_1211783.jpg

by god-door70 | 2015-09-17 22:15 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「チロル・ドロミテ街道とザルツブルグ」の旅(1)「インスブルック」

2015.8.25~9.1 「チロル・ドロミテ街道とザルツブルグ」を旅した。このツア-を選択したのはイタリアに生まれ幼少の頃4年間(昭和17~20年)「コルティナ・ダンベッツォ」に住んでいた人が生あるうちにかの地を訪れたいという願いを叶えてあげることにあった。加えて自分としても大好きなモーツルトの生誕地ザルツブルグそして映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となったザルツカンマーグーグートも組み込まれている絶好のルート企画が魅力的だったため。期待を膨らませて旅立った。
まずオーストリア・チロル州の州都インスブルグで、ノルトケッテ連峰・ハーフェレカー展望台より州都を眼下にオリンピック・ジャンプ台のあるダイナミックな山並みを眺めた。大山脈で挟まれた山岳都市だ。ノルトケッテ連峰と歴史のある市街の建物が良く調和した街で大聖堂や王宮を見学。「マリア・テレジア通り」「黄金の小屋」「ゲーテが宿泊したホテル・ゴルデナー・アードラー」も。景観、街並みをただただ眺め続け満腹状況で晴天下の一日を過ごした。
b0089323_19104832.jpg
b0089323_19113949.jpg
b0089323_19124013.jpg
b0089323_19135317.jpg

by god-door70 | 2015-08-28 10:53 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(1)

「チロル・ドロミテ街道とザルツブルグ」の旅(2)「コルティナダンベッツォ」

2015.8.27 国境を越えてイタリアのコルティナダンベッツォへ、ブレンナー峠を越えて「ミズリーナ湖」を散策。「ドロミテの宝石」と称される湖は、頂上が石灰岩で白く映える連山をバックにリゾート地に相応しい建物が点在する景勝地。湖畔を散策、湖面からくる風に清涼感、リゾート地の雰囲気をしばし味わう。コルティナダンベッツオに到着、何かのイベント日らしく地元の家族や国内外からの観光客で小さな街は昼夜賑わっていた。幼少の短い年月をこの地に住み敗戦で帰国せざるを得なかった人は曰く「4歳で街並みの印象を思い出せないが、白い山頂が赤くなったていく山並みはおぼろげ乍ら目に浮かぶ」と。街を取り巻く山並みは年齢に関係なく胸に頭に残っていても不思議はない素晴らしさだ。拙い散文で語れない一日を映像で綴ることにした。
b0089323_222728.jpg
b0089323_2235186.jpg
b0089323_225201.jpg
b0089323_22572840.jpg
b0089323_2263281.jpg
b0089323_2295521.jpg
b0089323_22112589.jpg

by god-door70 | 2015-08-27 21:00 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「チロル・ドロミテ街道とザルツブルグ」の旅(3)「ドロミテ街道とカレッツア湖」

2015.8.28 世界遺産ドロミテ道路をドライブ。2,000~3,000級の高山が延々と連なる。最高峰マルモラーダ3342m。山麓は針葉樹林が続く。遠路小さなカレッツァ湖に向かう。エメラルド色の水面とラシュール山を望む風光明媚な泉。ドモミテ道路の最高地点でありロープウェーの発着基地であるボルドイ峠2239mを通る。快晴の天空に遊ぶ。
b0089323_22173016.jpg
b0089323_12591117.jpg
b0089323_22183643.jpg
b0089323_22192716.jpg
b0089323_2220352.jpg
b0089323_22213853.jpg

by god-door70 | 2015-08-26 11:22 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「チロル・ドロミテ街道とザルツブルグ」の旅(4)「氷河、ザルツブルグ」

2015.8.29~30 イタリアから国境を越えてオーストリア東チロルの州都リエンツを経て、グロースグロックナー山岳道路を通りザルツブルグへ。
グロースグロックナー山はオーストリアの国内最高峰3198m、連山の氷河を展望台から眺める。ニュージーランド・マウントクックでは間近で氷河を体験したが今回遠望した氷河は雄大。世界遺産ザルツブルグでは大聖堂、ミラベル庭園、モーツァルトの住居など旧市街地を観光。
b0089323_18584120.jpg
b0089323_1955997.jpg
b0089323_2114384.jpg
b0089323_22453979.jpg
b0089323_21162255.jpg
b0089323_21211348.jpg
b0089323_2123081.jpg

by god-door70 | 2015-08-25 13:45 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「チロル・ドロミテ街道とザルツブルグ」の旅(5)「ザルツカンマーグード」

2015.8.31 ザルツブルグから車で約1時間ほど走り2000m級の山々に囲まれた長さ13kmに及ぶハルシュタット湖に。このあたり一帯が映画「サンド・オブ・ミュージック」の舞台にになったザルツカンーグート地方で、現在でもゆかりの建物や街並み、教会が残っている。ハルシュタット湖畔に家々が並び立つ景観は、オーストリアの代表的な風景として、近年観光地として脚光を浴び確かに海外からの観光客で賑わっていた。1997年に文化遺産としてユネスコ世界遺産に指定されている。今回の旅行で屡々世界遺産に出会ったが、教会と湖畔の家並み、壁の色が調和し、小さな街に温かさを感じ癒されて8日間の旅の疲れも軽くなった。
今日が旅の最終日。全行程快晴、トラブル無く幸い帰国できた。車椅子使用7人を含む14人の同行者が常に明るく接して頂いたこと、色々と教えて頂いたことに感謝している。各位のご多幸とご健勝を祈っている。
b0089323_2217751.jpg
b0089323_2220179.jpg
b0089323_22281053.jpg
b0089323_2231324.jpg

by god-door70 | 2015-08-22 13:59 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)

「増上寺宝物展示室」

2015-8-9 増上寺宝物展示室にイギリス王室が保管している「2代将軍の墓所模型」が長期貸与され展示されているのを新聞で知り立ち寄った。墓所は戦災で焼失した《台徳院霊廟》。模型は明治時代にロンドンの日英博覧会に出品されそのままになっていた。精巧に分解修理され模型の展示方法に工夫がなされ室内も見学できる。縮尺10分の1。加えて増上寺に奉納された幕末の画家狩野一信の作「五百羅漢図」数点が展示されている。共に見応えあった。
b0089323_1912348.jpg
b0089323_1915271.jpg
b0089323_1922762.jpg

by god-door70 | 2015-08-09 18:59 | 何でもみよう,やってみよう | Comments(0)