<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

韓国映画「連理の枝」を観る

b0089323_12334771.jpg2006.4.29 渋谷に出たついでに、韓国映画「連理の枝」を観る。"涙の女王”チェ・ジウが演じる悲恋物語。死を目前にしながら残された人生を明るく生きようとする女性。そんな彼女に出会って、はじめて本当の愛を知る男性(チョ・ハンソン)。二人の残されたわずかな時間の中でのラブストーリー。マイ好感度:中。
by god-door70 | 2006-04-29 20:46 | 講演会・映画 | Comments(0)

内外情勢調査会定例会講演会

b0089323_2130325.jpg2006.4.27 北朝鮮の専門家としてTV番組にしばしば登場する早稲田大学国際教養部の重村智計教授による「最近の北朝鮮情勢」の講演を拝聴。毎日新聞のソウル特派員を勤めていたとかで、人脈からくる情報収集力には定評がある。
経済制裁を含む強い日本であることこそ大切と説いておられた。横田めぐみさんは90%以上の確率で生存しているとの話が印象的であった。
丁度横田めぐみさんのお母さんがブッシュ米大統領と面談するとの報道がされた日でもあった。
by god-door70 | 2006-04-27 19:01 | 講演会・映画 | Comments(0)

囲碁(ペア碁)

2006.4.15 毎月第一と第三土曜日に開かれる碁楽会に参加している。今日は、「ペヤ碁」をということで、出席者10人を2組に分け5人対5人で碁を打った。2人か3人でのペア碁は聞いたことがあったが、5人一組は戸惑う。時折何が何だか分からなくなるが、結構とっぴなことが起こり面白いこともある。勝負に関係なく、棋譜を再現しての先生の批評が勉強になる。

by god-door70 | 2006-04-15 22:08 | Comments(0)

日立製作所中央研究所庭園

b0089323_153508.jpg2006.4.9 今日は、年2回開催される「日立製作所中央研究所庭園開放日」で自由に散策できるということで訪れた。今年のサクラは早めに開花したので、残念ながら満開の時期は過ぎていた。庭園には、「御衣黄(ギョイコウ)」という黄緑色の花が咲く珍しい桜もある。一説によると、江戸時代初期に幸とで栽培されたのが始まりとのこと。約27,000本の樹木があり、種々の花々が咲き乱れていた。秋の解放日には紅葉、黄葉を楽しもうと思っている。
  研究所を訪れたことがある知人から『案内いただいた先生が、庭園内にある「辺仁橋(へんじんばし)」という名前の橋を通った時に、「博士たるもの変人でなければならない」と言ったことをよく覚えている』という面白い想い出話を聞いたことがある。
by god-door70 | 2006-04-09 18:06 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

殿ヶ谷戸庭園

2006.4.9 日立製作所中央研究所庭園散策のあと、JR中央線国分寺駅南口徒歩2分にある東京都指定名勝「殿ヶ谷戸庭園」に立ち寄った。東京都が買収するまでは、三菱財閥の岩崎彦弥太氏の別邸(当初は満鉄副総裁江口定條氏別邸)であったとか。花モモが満開、カタクリも咲き始めていた。四季折々に、武蔵野の野草が咲くこじんまりした庭園だ。老夫婦のグループがモモの木の回りでお弁当を食べていた。のどはな春の一日だった。
b0089323_1627065.jpg


by god-door70 | 2006-04-09 15:51 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)

堂の下遺跡現地見学会

2006.4.2 旧三井上高井戸運動場(杉並区高井戸1-31-9)で今年の2月から、埋蔵文化財の発掘が実施されていた。発掘中の遺跡を見学した。
これまでの調査で旧石器時代から近世にわたる先人たちの生活跡が発見されている。杉並区を横切る川の一つである神田川の北面台地に位置し、川を挟み南面台地にある「塚山遺跡」と対峙している。これまでグランドとして活用されていたため遺跡調査ができなかったが、大規模宅地化前に発掘が実現したとのことである。遺物も相当数出土している状況を見ることができた。
当日は肌寒かったが、桜が満開えあった。この三井グランドを取り囲み、見事な花を咲かせてきた桜が、土地開発で伐採されないことを祈っている。
b0089323_953268.jpg

by god-door70 | 2006-04-02 16:54 | 文化財・庭園(temple,park) | Comments(0)